ハートに命中100%「命中注定我爱你」 あらすじと感想

中国語コラム
スポンサーリンク

最近中国語の勉強のためにドラマを見ようと思い立ち、ネットで評判のよかった「ハートに命中100%」という台湾ドラマを見終わりました。

まだ見ていない方で、

中国語の勉強になるのかな・・・?

そもそも面白いの・・・?

タイトルからしてちょっと・・・(笑)

などの疑問解消のために個人的な意見にはなりますが解説します。

スポンサーリンク

概要

このドラマは2008年の3月から8月に台湾で放送されたラブコメディです。その年のドラマ最高視聴率と平均視聴率で1位を獲得しているそうです。その後も1位の座を守り続け、台湾ドラマ史上視聴率1位となっています。

あまりに人気が出たため日本でもBSにて1年弱をかけて放送され、地上波でも地域別に放送されました。

原題は「命中注定我爱你」で「運命のように君を愛してる」という意味です。 

台湾人の知り合いの方にこのドラマを知っているか聞いたところ、主人公の名前を言っただけで「あー、あのドラマね」といった感じでした。

その方によると台湾人なら知らない人はいないくらい有名なドラマだそうです。確かに10年以上前のドラマですが、台湾ドラマ史上視聴率1位なら当たり前っちゃ当たり前かもしれません。

あらすじ

主な登場人物は以下の4人です。

陈欣怡・・・弁護士事務所にて勤務する何の取柄もない平凡な女性社員。仕事が出来ないうえに自分の意志が弱いためみんなからコキ使われている。

纪存希・・・石鹸を主力商品とする大企業の若手社長。イケメンで仕事もできる。

石安娜・・・ ニューヨークのクラシックバレエ劇団に所属する才能ある美しきバレリーナ。纪存希と交際中だがニューヨークを中心に活動しているためなかなか彼と会えない。

神父・・・ 陈欣怡を陰で見守るイケメン神父。その正体とはいったい…?

~あらすじ~

主人公である欣怡は仕事が出来ずいつも他の社員からパシリにされるポンコツ社員。そんな自分が嫌いで仕事だけでなく恋愛に対しても自信を失う始末。いつも周りに迷惑をかけるため口癖は「ごめんなさい」。

ある日、あるきっかけで豪華客船のクルーズに乗る欣怡。偶然にもその船には大企業の若手社長である存希も乗っていた。恋人である安娜と久々に楽しい時間を過ごすつもりだった。

ただ、ひょんなことがきっかけで普通に生きていれば交わることのない欣怡と存希が船の一室で一夜を共にしてしまう。二人の運命やいかに...。

(↑のあらすじは最初の1話のみです。全部で40話近くあり、1話あたり40分前後です)

感想

率直な感想を言うととっても面白かったです。

最初は普通だったら考えられないような急展開から始まるので少しびっくりしました(笑)

それでも回を重ねるごとにたんだんのめりこんでいけました。

ドラマ全体を通して、住む世界の全く違う二人が惹かれあう過程は見ていてとても楽しかったです。

まさに笑いあり涙ありの王道ラブコメディという感じです!

中国語の勉強に使える?

さて、中国語の勉強になるかどうかですが結論から言うと非常に勉強になると思います。

10年以上前のドラマですけどそれでも現代ドラマなので日常会話でよく使う単語や言い回しがたくさん出てきます。

自分はNetflixで見たのですがNetflixなら中国語の字幕と照らし合わせて見ることができます。(日本語字幕でも見れます!)

ただ、たまに台湾語を話す場面が出てくるので注意が必要です。

同じ中華圏でも標準語と台湾語でこんなにも違うものなのかと驚くと思います(笑)

台湾語を話す場面は体感でドラマ全体の5%にも満たないので安心して中国語の勉強をしてくださいね!

おわりに

いかがだったでしょうか。

今回は台湾ドラマ「ハートに命中100%」のあらすじと感想を簡単にまとめてみました。

ちなみにドラマに出てきたいくつかの単語は↓の日常会話編で紹介しているのでよかったら見てみてください♪

それではまた♪

中国語日常会話 全記事一覧

コメント